« 欧州委員会、パナソニックの三洋TOBを生産設備の一部売却の条件で承認 | トップページ | 東京地裁、トライアイズ監査役が申立てた水から提起した株主総会決議取消訴訟の弁護士費用を監査費用として支払いを求める仮処分申立てを却下 »

2009年9月30日 (水)

ESOPの導入事例が相次ぐ

このブログでESOPの導入事例をいくつかご紹介していますが、新しい導入事例がリリースされたので取り上げます。

新しく確認されたのは東京急行電鉄とヨネックスです。

東京急行電鉄のリリース

ヨネックスのリリース

スキームは基本的に似ていますが、東急のほうでは議決権行使を指図する信託管理人が労働組合の執行委員長になっています。

従業員持株会の議決権の行使には、会社の役員が理事長とかになって行うことが多く、この点に問題がおきかねないのですが、労働組合に任せるというのもどうなのでしょうか。

にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ

 

|

« 欧州委員会、パナソニックの三洋TOBを生産設備の一部売却の条件で承認 | トップページ | 東京地裁、トライアイズ監査役が申立てた水から提起した株主総会決議取消訴訟の弁護士費用を監査費用として支払いを求める仮処分申立てを却下 »

商事法務事情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ESOPの導入事例が相次ぐ:

« 欧州委員会、パナソニックの三洋TOBを生産設備の一部売却の条件で承認 | トップページ | 東京地裁、トライアイズ監査役が申立てた水から提起した株主総会決議取消訴訟の弁護士費用を監査費用として支払いを求める仮処分申立てを却下 »