« 何かまずい | トップページ | 期待と不安と »

2010年6月 8日 (火)

コーセーアールイー、内々定の取消について損害賠償を命じた福岡地裁判決を不服として控訴

JAPAN LAW EXPRESS: 福岡地裁、内々定取消を不法行為として損害賠償請求を認容」の続報です。

損害賠償を命じられたコーセーアールイーですが、判決を不服として福岡高裁に控訴することを明らかにしました。

訴訟判決の対応に関するお知らせ

上記リンク先リリースでは、福岡地裁判決の要旨についても記述されていますが、要するに、内々定で労働契約の成立を認めることはできないが、信義則に反するとして期待利益の侵害を認めて不法行為の成立を認めたという判断であるようです。

このうち、信義則違反について納得できないことと賠償金額について労働審判の結果を踏襲しているだけに過ぎないことから承服できないと不服の理由を述べています。

よって主たる争点は、信義則違反を構成するかという点になることが予想されます。

にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ

|

« 何かまずい | トップページ | 期待と不安と »

労働法務事情」カテゴリの記事

法律情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コーセーアールイー、内々定の取消について損害賠償を命じた福岡地裁判決を不服として控訴:

« 何かまずい | トップページ | 期待と不安と »