« コーセーアールイー、内々定の取消について損害賠償を命じた福岡地裁判決を不服として控訴 | トップページ | 最高裁、NTT企業年金訴訟で上告を棄却 企業年金の減額は認められず »

2010年6月 9日 (水)

期待と不安と

菅内閣の誕生は小泉内閣の誕生のような擬似政権交代的な色彩があります。

国会を延長するかなどのいくつかの判断によっては、期待できるかもしれません。

しかし、よくよく考えると機能不全に陥っていた鳩山内閣のメンバーそのままですし、その意味では連帯責任がありますよね。

何人かの大臣は、明らかに仕事ができない不適格であることは明らかになっている人がいます。そういう人は入れ替えてほしかったところです。

また、自分たちがぶち上げた非常識なことを修正することで、評価されるとしたら自作自演にもほどがあります。

民主党に良くある口先でごまかしている詐欺的な要素がやはりあり、その辺が不安要素なのですが、もう少し様子を見てみましょう。

|

« コーセーアールイー、内々定の取消について損害賠償を命じた福岡地裁判決を不服として控訴 | トップページ | 最高裁、NTT企業年金訴訟で上告を棄却 企業年金の減額は認められず »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 期待と不安と:

« コーセーアールイー、内々定の取消について損害賠償を命じた福岡地裁判決を不服として控訴 | トップページ | 最高裁、NTT企業年金訴訟で上告を棄却 企業年金の減額は認められず »