« 株主総会を前に有価証券報告書を提出する会社が相次ぐ | トップページ | 横浜地裁川崎支部、富士通元社長の野副氏による地位保全の仮処分申立てを却下 »

2010年6月15日 (火)

他人の臭いは嫌なもの

私は吸わないのでわからないのですが、喫煙者でも自分のタバコの煙がいいのであって他人の煙は耐え難いという人がいらっしゃいました。

そういう人は列車などでは禁煙車を選択されていました。曰く、他人のタバコはくさい、と。

同じような話で、女性のお化粧も、ものによっては臭いがすごいですが、他人の化粧の臭いが耐え難いらしいです。

夜行列車に女性が安心して過ごせるようにとレディースシートなるものが設けられている例がありますが、化粧の臭いが耐え難いので男性もいる普通の席にするという人がいました。

なるほどと思いました。

そうはいっても会社の喫煙ルームは他人の煙を吸う羽目になるのにいつでも満員御礼状態です。

これは他人の煙を吸うということよりも持ち場を一旦離れられるという効用のほうが大きいから選択されることなのでしょう。

分煙を徹底するようになったのは最近ですが、それよりも前から社会的には灰皿の設置場所には工夫がされたいたように思います。

しかし、東大ではなぜか流動の多いところに灰皿を置いている例が多く、隠れたようなところに設置されるようになったのは比較的最近のことです。東大法学部にいたっては法文1号館のラウンジに灰皿があったのですよ。昨今の事情から考えると信じがたいロケーションです。

|

« 株主総会を前に有価証券報告書を提出する会社が相次ぐ | トップページ | 横浜地裁川崎支部、富士通元社長の野副氏による地位保全の仮処分申立てを却下 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 他人の臭いは嫌なもの:

« 株主総会を前に有価証券報告書を提出する会社が相次ぐ | トップページ | 横浜地裁川崎支部、富士通元社長の野副氏による地位保全の仮処分申立てを却下 »