日記

このブログの作者の日記です。

2012年12月16日 (日)

やはり当然の結果

さて,選挙の結果は,郵政選挙の時をしのぐ,地すべり的な結果になるようです。

これまでの民主党のひどさの本質は,組織論とか行政の在り方にかかわってなじみにくいためあまり報道でも触れられることはなかったですが,口先だけでごまかし続けているだけの行為をあれだけつづけ,それに加えて個々の民主党の政治家の人間的にも醜悪な言動の数々を突きつけられて,さすがに国民全体が愛想を尽かしたということでしょう。

あまりの結果にまたもや憲法上の問題が発生するのではないかと気が気ではありません。1票の格差の問題ではありません。

第68条〔国務大臣の任免〕
内閣総理大臣は、国務大臣を任命する。但し、その過半数は、国会議員の中から選ばれなければならない。
②内閣総理大臣は、任意に国務大臣を罷免することができる。

落選しまくってしまって,国会議員が過半数を切ってしまったらどうなるのでしょうか。勉強が足りないのか,事後的に国会議員でなくなって過半数を切ってしまった場合についてあまり議論を見たことがないのですが,どうなるのでしょう。

まあ常識的に考えて,交代させる義務があるのでしょうね。しかし,すぐに特別国会か通常国会を開いて最初に首班指名をするでしょうから,それまででしかないですが,どうするのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月15日 (土)

私は考える

選挙の真っ最中のはずなのに,うちの周りではあまり候補者は回ってこないらしいのです。

もっとも私は昼間は当然いませんので,家族から聞くだけのことなのですが,もうあきらめてしまったのでしょうか。

確かに,選挙区情勢としてはすでに固いようなので,無駄なのかもしれませんし,お金をかけられないので重点的に回ることにしたのかもしれませんが,本気度を疑うような事態かもしれません。

 

さて,主語がなくても日本語は成立してしまうところがあり,言語としてはある意味欠陥に近いものがあります。

本当なら主語があるようにきちんと書くことが大事なのかもしれません。

しかし,最近,法律答案で「私は~と考える」という答案を見ることが多くなり,なんとなく引っかかります。確かに主語はきちんとしていますが,ちょっと別の言葉を主語にしようよと言いたくなります。

憲法なら私見を述べなさいとか設問で言われているので,「私見では~」と書く必要がありますが,さすがに「私は考える」答案はなんとなく,法律答案として違和感を禁じえません。

以前,法学教室で落合教授が東大法学部の試験でも「僕」が主語の答案があって驚いたということを書かれていましたが,そのような気持ちなのかなあと思う次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月14日 (金)

今から?

この日は当初からの予定がキャンセルになったりしたのですが,それで暇になったわけではなく,かわりの予定が突発的に入ってきて,その対応に追われて大変,あわただしい一日になってしまいました。

「今日これからというのはだめですかね」というようなことを言われて,私だけ行けば済むというわけではないので調整が大変でしたが,一方で,なんでも次回期日にしてしまったり,日程調整に逃げる傾向のある弁護士の時間感覚を大いに反省したところでもあったのでした。

しかし,機動力のあるところはすごいなあと思いました。

まだまだいろいろとやってほしいという意向が漏れ聞こえてきて,今以上に身動きが取れなくなってしまうのが恐ろしいところです。

もっと朝早くから動くようにすればもう少しこなせるようになりますから,なんとかなるのかもしれませんが,今の活動時間でも,夜になるとすっかり疲れて電池切れみたいになっているので,まだ量的に増やせるかなあと考えるとなかなか疑問でして,悩ましいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月13日 (木)

身動きが取れない

この日は特に予定というわけではなく仕事で帰宅が遅くなってしまい,翌日も早くから予定が入ってしまったので,帰るなり寝てしまい,当日中に日記の更新ができませんでした。

ここのところ,いろいろな営業的な意味での仕掛けが回り始め,しかも同時期に重なってしまい,身動きが取れなくなってきてしまいました。

普通の仕事についてはあまりしていないような気がしてしかたがなく,最近,あまり六法をまじまじと眺めることがないのですが,実は弁護士業務というのはそういうことが多いような気がします。

ということで純粋に勉強できるときに,最大限条文を見ておいて,どこに何があるか覚えておくといいのだなと思います。

受験指導の場面などで,条文の一言一句が覚えなくてよい,見れば済むからとかいっているのですが,仕事をしていると,まじまじと見ることができるだけの時間的余裕がないことがあることが痛感されます。なるべく覚えておいた方がよさそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月12日 (水)

抜けないサラリーマン気質

今日はさすがに疲労の蓄積がひどく,座っているだけで寝落ちしそうになったり,じっと立っているだけで眠くなってきたりと,かなりやばくなってきたので,比較的早く帰りました。

私は,弁護士になってもサラリーマン気質でできているせいか,企業人を前にしての弁護士の営業トークにはひやひやすることが多く,普通の企業人ならこう話せば受け止めてくれると思いつくことをその場でフォローすることがよくあります。

すごく気を使うので,健康に良くない気がするのですが,まあ致し方ないでしょう。なんで純粋に歩んできた弁護士は,相手の求めている話ではなく,自分の世界の話をしてしまうのでしょうかね。こう疑問を呈している時点ですでに答えが出ているような気もしますが,異業種を知る,自分とは違う世界を知るということは,弁護士に限らず,あらゆる人にとって永遠の課題なのでしょう。

かくいう私もごくごく一部でしかも特殊性のある組織にいたため,かなり偏っている未熟な存在なのですがね。

そんな中,適切なフォローをありがとうございましたとか,企業の方,特に担当者レベルから言われるととてもうれしく思います。私もそういった立場でひやひやしながらいろいろな場面を見守っていたものですから,担当者のやきもきがとてもよくわかります。

心の底からよかったと思った一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月11日 (火)

昔には戻れない

この日は事務所内勉強会とその後に懇親会があって遅くなってしまったので,日記を遅れて更新します。

年の瀬になってきて,ただでさえいろいろと詰まってきている時期なのですが,それに加えてよりにもよってこの時期に営業的な大がかりな仕掛けが動き出してしまい,毎日,大変です。

先日,弁護士会の偉い方々と会食をしていた際,弁護士というのは統制経済だと仰っていました。

やはり,そういう観点から弁護士大量増員の現状について問題視しているのかと改めて思いました。興味深かったのは,その場には比較的若手まで同席していたのですが,若手の捉え方はどうもちがいようであったことです。若手とはいっても司法修習50期代以降の世代で,司法制度改革によって誕生した世代というわけではないのに,受け止め方は違うようでした。

別に競争万歳と思っているわけではないでしょうし,弁護士業界の未来が明るいと思っているわけでもないでしょうが,少なくとも世代間での受け止め方の違いはあるようでした。

私はというと,競争制限によって豊かな生活が保障されて,その余力を持って社会的正義を実現するという個人のモラルに頼ったやり方では,制度的に人権保障がうまくいく感じがせず,やはり競争制限があってこそだという考え方には納得しかねる気がするのです。

そういうわけで,いろいろなニーズの発掘に日々邁進しているのですが,かなり適当にやっている私でもそれなりにうまくいっているので,まだまだ潜在的ニーズはあるのだと思っています。

もっとも弁護士会の偉い方々も昔に戻すことがでいると思っているわけではなく,軟着陸を図るくらいが現実的だと思っているのだと思います。しかし,そのようなバランスに配慮した方針は,中途半端というどちらにとっても不幸な結果になるような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月10日 (月)

全然休めていない・・・

今日は週の初めなのに,遅く出勤して,夕方から弁護士会の委員会の会議があり,その後会食だったので,事務所にほとんどいませんでした。

そんなことをしているうちに仕事が溜まっていっており,なかなか大変な状況です。

ここのところ,土日も出歩いているので,週明けでも一週間の始まりだという感じが全然しないのに加え,疲れが取れていなくてなかなかリフレッシュできません。

年末までになんとかしないとやばそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 8日 (土)

寝不足

今日は研修旅行から帰宅したため,寝不足で困りました。

あれこれやらないといけないことがあるのですが,ひとまず,簡単なところから始めてしまいまったり,ようやく買ったCD,ブルーレイの鑑賞をしました。後で困ったことになってしまいそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 7日 (金)

旅行先で地震に遭遇

この日は修習委員会の研修旅行で,司法修習生と一緒に旅行にいって旅行先でロールプレイなどをしてきました。

しかし,朝から腹痛に襲われ,電車を乗り過ごし危うく遅刻するところでした。

電車に乗り遅れるというのは私にはとても恥ずかしいことですので,最初からケチがついてしまったなあと思ったのですが,その後はふつうに過ごせました。

しかし,皆様ご存じのとおり,夕方になって地震が発生して,かなり長く揺れて不安な気持ちになりました。

というのは研修旅行先は海岸に面しており,しかも太平洋側なのです。

津波注意報が来るかなあと思ってひやひやしていたのですが,一応出なかったようでした。

それにしても揺れが収まると平然と講評を再開した先輩の先生方はすごいものだと感心しました。私はすっかり気もそぞろになっていたところでした。

それにしても旅行先は,東日本大震災でもいろいろあったようで,海抜がどのくらいであるかとかが,あちこちに表示されていました。

それを見る限り,津波が来たらどうにもならないことがよくわかり,不安はより一層募ったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 6日 (木)

久しぶりにCDを買う

この日は一日中事務所にいるはずだったので,書き物とかたまった仕事が片付いてよかったのですが,早く帰ろうと思っていたところは果たせず,川越まで帰り着くのがやっとでした。

さて,音楽に関して言うと,youtubeみたいなものもたくさんあるので,CDを買わなくなって久しいのですが,最近は楽曲だけではなく,曲に合わせてのダンスとの融合を楽しむという点があるのですね。

そういう点に興味が出てyoutubeでみて気に入ったアーティストのライブ映像のブルーレイ付のCDを買ってしまいました。

しかし,買ったはいいのですが,見る・聞く暇がないのです。

また,見るとしてもパソコンで見ることになるのですが,いちいち媒体を入れるのが面倒だと思うこと必定です。

HDDに取り込みたいのですが,件の著作権法改正で違法になってしまいました。CDは著作権保護があることから取り込みができるようになっていますが,映像もそうなってくれないかなあと思う次第です。

まあ,まずは,HDDに移すことを云々する前に,見てみるのが先だと思うのですがね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧